反吐の奏 





戦争映画を見尽くした。

生命は誕生から今まで


常として自然に

互いを攻撃しあってきた。



「世界は一つ」


なんて言葉は


現時点ではまだ、ただの戯言に過ぎない。


だけど


その理想を後世へ繋ぎ続け目指す事が


現代人の責務と言っていい。





ここに文章を投稿するのは初めてだ。


おはよう。こんにちは。こんばんは。


受け取る側の都合で、まともな挨拶すらも難しく


だから


元気?


僕は元気です。


これを確認してるんだと思います。

ある程度一方的という意味では音楽を作る行為に近いのかもしれない。




歌のアルバムとしては約8年ぶりになる作品が、2年の制作期間を経て、先日マスタリングを終えたばかりで


だいぶリラックスしながらリリースに向け、諸々考えてる最中だったけど

いつの間にか少しづつ狂い初め、突然の変拍子と不協和音

リズムに戻れない。




みんな同じかもしれないし、そうじゃないとか思いながら


それからの1ヶ月とちょっとのこの体験は身体にまた別のエネルギーと思考


そして不思議な自信までも湧き上がり



言いたい事もたくさんあるけど、それは一方的じゃなくしたいな、と

もはやスタッフ、メンバーのようにしっかりと。

やはり自分は音楽を届ける事で交流できたらいいと、黙々とやってみた。



あんまり深く考えるのも嫌だったし

ほんとはみんな、感覚で理解してるはずだから。



今が変わる事も、何かを受け入れる事も怖いものだ。



物事は様々で変化もする。

例えば、

生命の判断はそもそも残酷で儚い、だから美しく


神妙に思慮深く



とか。


10万円はまだまだ大金だと感じたり


3秒で使えたり


ただどちらにしろそれは要求じゃなく対価でありたい


とか。



時代がどんなに変化しようが自分を感じ生きる術は無いかと、

つくば万博 EXPO’85 でユートピアを夢見た少年は

(学校ではいじめられてたが)

心が未だに


とか。




ただこの1ヶ月を聴いて欲しい、聞いて欲しい、だけなのかもしれない。

文字で考えを語るには少し情報を拾い過ぎてしまった。



ほとんどと言っていいほどTVもネットもラジオもつけてない、

それでも情報が入って来る、というか引きずり込まれ巻き込まれていく時代、


もっと言えば、全て正解なのかも。


それぞれの創造する行き先が違ってるだけで。




だからこれは、僕のプロパガンダである。




とにかく集中を続け作曲し、なんとか作品として仕上げたこの3曲


「あぁ 腹へったかも」って時や「なんかちょっと色々めんどくさいな」

って時が良いかもしれない。



きっとそんなこと思える時こそが幸せな瞬間だから

その時に聴いてみてください。





愛すべき仲間たちと東京で端を発し、のんびりやってる僕らのプラットホーム

通称 SL9



今、ここ茨城県常陸太田市からローカルでフレッシュなメンバーと


8年ぶりのアルバムを一旦 飛び越し この3曲を直販します。




購入できる方はよろしくお願いします。



売り上げはもちろん、僕の日常を守るために使います。



日常とは


家族、友人、仲間、教え子、ファンが集う生活空間の活動の全てです。





Mini Album


反吐の奏


烏                    6:03
コミュニケイションマシン -  local version   5:56
コミュニケイションマシン - urban version   4:05



未発表ボーナストラック「西新宿シンフォニー」を含む計4曲。

¥9,999 – (in tax)


Track 2 : Mastering by Keiji Matsui (echo and cloud)
https://www.echoandcloud.com/

Track 3 & 4 arrenged by Isolation
Re arrenged by SINSEN

All lyrics and songs, produced by SINSEN

Art works by Clara Abe
twitter.com/_abeclr


Download
https://sl9sl9sl9.bandcamp.com/album/spew

Order
sinsen@live.jp
070-3824-0009




購入してくれた方にはお礼のメール or 直筆の手紙  と歌詞カード、オリジナルアイテム&ステッカーをお送りします。


先着10名にはいつも使ってるギターピックも同封。
↑年季入っててデザインが少し禿げてます。



paypalやクレジット決済が面倒ならメッセージ、コメントくれたら直接送るし、


なんなら会いに行きたい。


その際の交通費は要らないけど、

食事はたらふくご馳走してください。

心ゆくまで酒も浴びましょう。



それとここからは追記になるんだけど、僕らの母校 club asiaが困ってる。

さっき、姉妹店のVuenos,Neo,P(Glad)が閉店を発表。

きっとみんなもここから発信された文化をどこかで必ず楽しんでくれてたはず。

なんとか、ご協力を頂けたらと思います。





それでは。



今後も誰かの勇気になれるよう、精進する次第です。



力を。


✌️



高橋 信泉
SINSEN







I saw all the war movies.

Life is from birth to now

Always naturally

They attacked each other.

“The world is one”

What words

At the moment, it’s just a joke.

However

Continue to connect that ideal to future generations

The aim is

It can be called the responsibility of modern people.

This is the first time I have posted a text here.

Good morning. Hello. Good evening.

Even a decent greeting is difficult because of the recipient’s convenience

So
What’s up?

I’m fine.

I think I’m confirming this.

It may be similar to making music in the sense of being one-sided.

This is the first song album in 8 years, but I just finished mastering the other day after two years of production.

While I was relaxing, I was thinking about various things for the release.

Before I knew it

Sudden odd time signature and discord
I can’t go back to the rhythm.

I think everyone may be the same

The next month and a little bit of this experience

Another energy and thought for the body

I have a lot to say, but I don’t want it to be one-sided
Firmly like staff and members.

After all, I wanted to be able to interact by delivering music, so I tried silently.

I didn’t want to think too deeply
I’m sure everyone really understands it.

It’s scary to change now or accept something.

Things change and change.

For example,

The judgment of life is cruel and ephemeral, so beautiful

Mysteriously

Thoughtfully

And.

I feel that 100,000 yen is still a lot of money

Can be used in 3 seconds

Either way, it’s not a request, but a consideration

And.

No matter how the times change, there is no way to feel and live.

The boy who dreamed of Utopia at the EXPO ’85 Tsukuba Expo
(I was bullied at school)

Still my heart

And.

Maybe just

Maybe you just want to hear or listen to this month.

I have picked up too much information to speak my thoughts in letters.

Most of them do not have TV, internet or radio,

Still, the information is coming in, or it is dragged in and caught in,

More specifically,

Maybe they are all correct.

Only the destinations they create are different.

So this is

It’s my propaganda.

Anyway, these 3 songs that I continued to focus on and composed, and

managed to finish it as a work

Sometimes, “Ah, maybe I’m hungry” or “It’s kind of annoying.”

It may be good time.

I’m sure it’s a happy moment

Please listen at that time.

Originating in Tokyo with dear friends,

Our platform that we are relaxing now

Common name SL9

Now with local fresh members from Hitachiota City, Ibaraki Prefecture
We will jump over the album for the first time in 8 years and sell these 3 songs directly.

If you can purchase it, thank you.

I use it to protect my daily life.

What is my daily life

It’s all about living space activities where family, friends, peers, students

and fans gather.



We will send a thank-you email or handwritten letter and lyrics card,

original item & sticker to those who purchased it.

The first 10 people also include the guitar pick that they always use.

↑ The design is a little bald as the season has entered.

If paypal or credit card payment is troublesome, send me a message, send me a comment directly,

I want to go see you.

You don’t need to pay for transportation,

Please have a meal for a meal.

Let’s drink sake to your heart’s content.

I will continue to devote myself to being someone’s courage.

power.

peace.